えぼぐの神様N

えぼぐの神様N

元新聞記者がサブカルライフを送りながらオカルトを掘り下げるブログ

「リョナゲー」で調べると何故か1ページ目にこのブログが出てくる話「日記」

オカルト会の内容を掘り下げる記事を書く合間、

ふと見てみたら前回の更新が10/24であることに気が付いた。

 

半月以上放置されていたこのブログにも、

有難いことに毎日何人かの訪問者がいる。

 

インターネットの隅の隅にいるこのブログを見つける奇特な人間は

余程ブログの回覧が好きな人間なのだろう。

 

過去にはpepsやらフォレストやらで個人サイトなんかを持っていたりして

紅白歌合戦のラスボス並みに飾り立てたGREEのプロフィールページに

直リンなど載せていたに違いない。

 

そしてそのリンクを辿れば

ようこそ、あなたは~~~~人目の迷えるアリス…

などと奇怪な文言が記されたページトップと

やたら細かく刻まれる(せめて100人単位にしてほしい)

踏み逃げ8割のキリ番が出迎えてくれるのだろう。

 

私書箱ってなんだ、貴様に個人的な用事など何もない。

 

そんなあれそれは置いておいて、

はてブロにはどうやってこのブログに行き着いたかを

逆探知できる機能がある。

 

自分も最近初めてそれを知ったのだが、なんとその機能は

「何を検索してこのサイトを探せたか」まで知る事が出来るのだ。

 

今の所、検索に引っかかるような工夫や取り組みを一切していないので

このサイトが検索されて見つかることは稀である。

 

そこで、このサイトがどうやって見つかったか

その「検索ワード」を下記にまとめてみた。

 

1、リズム天国 デバッガー

 

該当記事

evo-kajiro.hatenablog.com

 

懐かしい、4年前くらいに書いた記事である。

「本物の心霊写真を使った心霊写真を除霊できるゲーム」

という触れ込みだったのだが、この前ホラゲーのスレで

「あのデマに騙されてる奴まだいたんだなww」と言われていた。

見ない振りをしておこう。

 

2、リョナゲー

 

該当記事

evo-kajiro.hatenablog.com

 

ぶっちゃけた話この検索ワードでの流入が一番多い。

 

一応解説を入れておくとリョナゲーというのは

人間が暴力的な目に会うゲームである。

その性質上モンスター、スプラッターホラーとの

親和性は高い(どうして高いかは自分で調べてください)

見ててあまり気持ちのいいものではない。

 

実際好きなゲームのスピンオフ的二次創作がリョナゲーになっていた僕は

学生だった当時かなりショックを受けた。

 

3、ヴァルファーレ エロ

 

該当記事

evo-kajiro.hatenablog.com

 

※ヴァルファーレの参考画像

 

 

ãã´ã¡ã«ãã¡ã¼ã¬ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 

あ、うん…。

 

世の中には色々な人がいるんですねえ…。