えぼぐの神様N

えぼぐの神様N

元新聞記者がサブカルライフを送りながらオカルトを掘り下げるブログ

カメラを止めるな!で広がる感染、製作費はなんと300万円

 

ãã«ã¡ã©ãæ­¢ãããªã製ä½è²»ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

f:id:evo-kajiro:20180910225542p:plain

あんパンを食べたと思ったらカレーパンだった。

 

低予算作成で凱旋上映が行われるゾンビ映画があるらしい。

カメラを止めるな!の話を初めて聞いたときは

和ホラーの歴史が変わるかもしれない、と思ったのを覚えている。

 

思うと、日本のゾンビ映画で有名どころは本当に少ない様に思う。

 

漫画原作のアイアムアヒーローが近年で一発あてた位で、それまでの和製ゾンビ映画Zアイランド(任侠版バイオハザード)だったりバナナマンの日村が主演の新選組オブザデッド(主人公の名前が屑山下衆太郎)くらいしか見たことがない。

 

バイオハザードは日本発といえば日本発なのだが

もし日本発、登場人物が全員日本人のバイオハザード(劇場版)が

あったとしたら、断言できる、絶対事故る。

バイオハザードの続編が危ぶまれるレベルで事故る

 

うちら零とSIRENの実写映画のこと忘れんから!!

 

------------ーーーーー

恐らく、カメラを止めるな!を見に行った層の

大体のあらすじへの理解はこういうものだと思う。

 

ゾンビ映画を撮影している一団が、

本物のゾンビに襲われる戦慄のパニック・ホラー」

 

正直魅力に欠ける、よくある話 である。

 

禁忌を破って入っちゃいけないところへ入りました、

案の定化け物に襲われました。

なんらかのヒントを経て化け物を倒すなり逃げるなりする。

日常に戻り安堵する主人公、そこに実は生きてた(追ってた)化け物の陰。

不穏な空気を残しながらカメラを引いて終わり。

 

何百回と見たようなプロットさえも思い浮かびそうな設定、

正直凱旋上映をするような映画とは思えなかった。

 

「この映画の何がよくてここまで売れているんだ?」

そう感じた人は自分だけではないだろう

そして、その疑問は知的好奇心になる。

 

よく言えば新進気鋭、悪く言えばトーシロの監督の作った低予算映画

そんなインディーズ感とは裏腹な好評価の嵐

極めつけの凱旋上映によって起きた「なぜ?」の疑問が

 

まるでウイルスの様に感染し、人は各地でふらふらと劇場に集ったのだ。

 

------------ー------------ー

 

また、あまりネタバレがなされなかった事も、

この映画の成功の片棒を担いでいる気がする。

 

この映画には仕掛けが隠されている。

それを知ってみるのと、知らないで見るのとでは恐らく

天地ほども感じ方に差があるだろう

 

 

近年のネットリテラシーというか、

作品を楽しむため水面下で行われてきた

「ネタバレ自重」の啓蒙活動は

ここまでのものになったのかと驚かされた。

 

肝心の内容については、自分自身の目で確かめてほしい。

いや、逃げとか書くのが面倒になったとかそういう理由ではなく

この作品のネタバレをネットに流すという行為が

一人の映画好きとしてあまり好ましくない気がするのである。

 

ただ一つだけ言えることは

あんパンを食べたと思ったらカレーパンだった。

ということ、それと

カレーパンはカレーパンで美味しいよ、ということくらいである。

 

追記

 

カメラを止めるな!の製作費は300万円

比較として、日本トラウマ界屈指の名作

実写映画デビルマンの製作費はおよそ10億円

 

カメ止め=0.003デビルマンである